トップページへ戻る > ファンデーションのタイプと特徴

ファンデーションのタイプと特徴

ファンデーションにはリキッドとパウダリー、
さらに、パウダリーには水をつけて使えるものもあります。
クリームタイプなんてのもあるんですよ〜。

皆さんはどれを使っていますか?(^^)

初めての時はどれがいいのか迷いますが、
一般的なのは、パウダリーをそのまま使う方法でしょうね。

では、それぞれのファンデーションの特徴を紹介します。

<クリームタイプ>
リキッドタイプより、こってりした使用感で、
カバー力が強いのが特徴。
重い印象がありますが、フォーマルな席などにオススメです。

<リキッドタイプ>
液状のファンデーションで肌なじみがよく、
薄づけしやすいのが特徴です。
細かい部分も自由に付けることができます。
お粉とセットで使うのが一般的。

<パウダリータイプ>
ファンデーションとお粉の一体型で、
ケースに入っていて、スポンジでとって塗ります。
よく使われていますよね。手軽に使えて、持ち運びも便利です。
これ一品で、ファンデーションはオッケーです。

<パウダータイプ(水も使えるタイプ)>
夏に販売されるファンデといえば、水OKタイプがほとんどです。
スポンジに水をつけて使えるということなのですが、
イチバンのメリットは「清涼感」で、夏にピッタリです。
崩れにくく、それでいてサラサラした付け心地が魅力です。

ちなみに、私はつけやすいリキッドが好きなんですが、
メイク直しや、吹き出物が出たとき用に、
パウリーも持っています。

逆に、あるパウダリー派の人は、
リキッドで手が汚れるのがイヤだと言ってましたね〜。
それは「確かにそうかも」です。(^^)


どのタイプがイチバン優れているとは言い切れません。
自分の好みと、目的に合わせて
使い分けることができたら、イチバンですよね。

人気の基礎化粧品のトライアルセットBEST3

アテニア化粧品

基礎化粧品の中でも特に人気が高い化粧品となります。その理由としては、博士号 取得研究員をはじめとする40名のスタッフが、4年の開発期間を費やしています ・・・HPはコチラ
ビバリーグレン「b.glen」

アンチエイジングという言葉もすっかり世間に定着しましたが、ビバリーグレン 「b.glen」はアンチエイジング対策のコスメの中でもダントツの人気がある化粧品のひとつ ・・・HPはコチラ
草花木果

草花木果はYahoo!Japanのトップページにもよく広告が出ているので見たことがある方も少なくないと思います。使い心地よ自然な仕上がりがとても好評 ・・・HPはコチラ

色々なコスメを探すのであればヤフービューティラボーテワンなどがおすすめかな。

肌を整えるスキンケア
メイク前のケアで肌チェック
スキンケアのマストアイテム
ラインのキットがオトク
朝起きたら肌をチェック
基本のスキンケア
カサカサする時は?
ぺっとりする時は?
目的別アイテムをプラス
メイクを落とすスキンケア
メイクを落としはマスト!
メイクオフ→すぐケアが正解
専用アイテムを使おう
まずは落ちにくい場所から
メイク落としでマッサージ
メイクが落ちたら洗顔
ベースメイク
メイクはキレイな土台作りから
化粧下地で肌の色ムラを整える
ファンデーションのタイプと特徴
リキッドファンデは少量を伸ばす
リキッドの後はお粉でなじませる
パウダリーは薄く重ねつける
水+パウダリファンデのコツ
コンシーラーの使い方
ハイライトで立体的に
上級用ベースメイクテク
厚化粧に見せないコツ
イチバン面積が広い頬をキレイに
化粧直しはヨゴレを取ってから
薄化粧は下地がポイント
フォーマルメイク
リップのメイク
じか塗りでもキレイにできる
カサカサしているときのケア
口紅を落ちにくくするワザ
口紅でスマイルを作る
唇のくすみには肌色ライン
唇の縦ジワに注意
メイク道具のお手入れ
メイク道具は洗うもの
ヨゴレが溜まるスポンジ
チップやパフも清潔に
ブラシはお手入れ中心
唇に触れるリップブラシは清潔に
固めブラシはサッとふきとる
金属アイテムには水気厳禁
困った時のレスキューケア
ブツブツ毛穴が気になる
カサカサする時は水分補給
肌に異常が見られる
開いた毛穴が気になる
ニキビが…!!
リンク集
美容リンク集1
美容リンク集2
Copyright © 2008 化粧下地の方法とは?基礎化粧品の使い方ガイド【人気ランキングも紹介】. All rights reserved